能力に合わせた2種類(AD・EF)の試験

 

ADレベル

大学院入試や就職・転職というN1以上能力識別を必要とする企業や団体にも対応
日本国内での大学院入試、転職、就職活動を行う人々の支えになっています。N1を既に取得していることが一般的な日本への大学入試ですが、それ以降の学業進学や就職活動の時に1つの基準として利用されています。日本人と一緒に高度な仕事をする外国人を選定するために利用することができます。

 

EFレベル

日本語学習時間150時間前後のN4,N5を目標とした学習者中心の初級レベル
「あいうえお」から日本語学習を始めて150時間前後の学習者が、日本語能力の実力測定に利用することが多いです。また日本語学部の1,2年生や日本へ留学あるいは研修生として行く人が利用されています。企業内でも多少のコミュニケーションを必要とする場合、モチベーションアップの1つとして日本語手当等のサポートを実施し、社内の生産性向上の手段の1つに利用されています。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *