ご利用について

※ 2018年7月より新しくダナン会場が増えました。

① 企業内の日本語能力の1つとしての利用方法

企業内の日本語能力査定の1つとして、試験を日本語能力がある人に対して実施することで、社内で主観ではない客観的なデータを元に査定を行うことが可能になります。企業によっては日本語手当を用意している企業もありますので、是非J.TESTの試験結果を査定情報の1つとして利用して頂ければと思います。

 

② 社員への福利厚生の1つとしての利用方法

日本語が話せる・書ける・聞き取れるという従業員に対して、福利厚生の1つとして受験させ、自分の能力を測定して新たな目標として設定してあげるということが可能になります。試験結果は公式なものです。社員の1人1人がその事実を受け止め、さらなる日本語能力の向上から派生し、日本の文化や日本人に対する協調などに発展していけば、より大きな効果を生み出せると思います。

 

③ 社員に対して新たな目標設定としての利用方法

社員が入社前に日本語能力を測定したことがあったとしても、入社後に測定し直すことは時間的にも難しいかもしれません。企業側の提案により日本語の使える人材が自分の能力を再確認する場、そして新たに日本語能力の向上として役立てる場としてJ.TESTを利用して頂ければ、社員のモチベーションにも繋がり日本語能力の発展に繋がるかと思います。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *